zakzak様に掲載頂きました。

人生“大事な場面”はフルスイングで!会社員も同じ

★元大洋、巨人、ヤクルト、鰻・牛舌料理「大乃」店主 大野雄次さん(50)

2011.10.26

ヤクルト時代の1995年の日本シリーズでは、シリーズ初打席初本塁打の快挙を成し遂げた。バット1本

で3球団を渡り歩いた“打撃職人”のトレードマークは、ここ一番での豪快な代打本塁打。現在は鰻・牛舌料理店の店主として、サラリーマン相手に人生の大事な場面でのフルスイングを説いている。(聞き手・米沢秀明)
【客層は100%サラリーマン】

朝は午前6時半に起きて築地で仕入れ、8時半には店に入って仕込み。11時から午後2時までがランチ。6時から11時までが夜の部だね。寝るのは日が変わって午前1時ぐらいかな。お客さんは場所柄、100%がサラリーマン。

土日はリトルリーグで野球の指導。教えるのは技術よりも積極性。思い切りがなければ打てないということ。“振らなきゃヒットはうまれない”が俺のモットーなんだけど、これは人生すべてに通じる。>>続きはこちら